スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

地震、あれから…



こんばんは。
久しぶりのブログ更新となりますが、再開する前にまずは地震のことについて書かなくてはいけません。


東北関東大震災からまもなく2週間が経とうとしています。
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。


アーチェリー部は地震が起きたとき、部員の半数が強化練中でした。
最初は「あれっ、立ちくらみ?」「筋力が落ちたのかな?」そう思った部員もいたようです。
全員いったん射線から退き、弓を置き、クィーバーを置き、射場の中心に集まりました。
射場近くにある寮はガラス張りなのですが、そのガラスが今まで見たことのないくらい揺れていました。

揺れがおさまり、少しすると町内放送が流れてきました。
この地震は普通ではない、そう確信しました。

部室に戻り、全員待機する中も余震は続きました。
そしてテレビの画面に映る東北の様子は目を疑うものでした。

それから数日の間にマグニチュードは9.0となり、海外から救援隊が派遣され、計画停電が実施され、私が今まで見てきた日本が日本ではなくなっていくようでした。

しかし、悲しいニュースばかりでもありません。

被災地で新しい命の誕生したという新聞記事があったり、どのお店に行っても募金箱が設置されていたり、その中は今まではあり得なかったほどのお札でいっぱいになっていました。
日本赤十字社に集められた義援金は1週間で223億にも上ったそうです。
また、個人もお店も会社も社会が一体となって節電もしています。
こんな中でも冷静になり、助け合っている様子が海外からは賞賛されています。

原発に放射線に被災者の今後…まだまだ問題はたくさんです。
でも日本はこの100年の間だけでも大きな地震に何度とあいながらも、復興し、そして世界から注目されるJapanになってきたのです。
今回の地震だって乗り越えられないはずがありません。

私には何ができるでしょうか?
アーチェリー部には何ができるでしょうか?
そして、いま、あなたには何ができますか?
各自できることはバラバラでしょう。

何年もかかるかもしれません、でも各自できることをして絶対に元通りの、それ以上の日本にしましょう!!!


被災地の1日も早い復興をお祈り申し上げます。
余震もまだまだ続いていますが、皆様お体、安全にはくれぐれもお気をつけください。


明治大学体育会アーチェリー部
関連記事
スポンサーサイト

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

meijiarcheryteam

Author:meijiarcheryteam
明治大学体育会アーチェリー部です!男女ともに関東学生アーチェリー連盟1部リーグに所属。現在約60名の部員で活動しています。2010年には創部50周年を迎えました。世田谷区八幡山にある明治大学八幡山グラウンドで練習をしています。なんと和泉キャンパスから自転車で20分(^O^)/

Twitter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。